行田見聞録

− いって・やって・みて・たべて・きいて・かんがえて −

創作和食『渡ら瀬』のオープンをみてみた

| 2件のコメント

5/22に創作和食『渡ら瀬』のオープン前をみてみたというエントリを書きましたが、『渡ら瀬』は6/2にオープンしました。そこで、オープンの模様を見てきました。

ぐるなびには6/1オープンと書いてあるのに、運営会社のHPには6/2オープンとあります。大したことではないんですが、現場が少し混乱しているのでしょうか。
渡ら瀬1
前回見た時には『和げん』だった看板も、『渡ら瀬』に。

渡ら瀬2
オープン当日(土曜日)の午後1時ぐらい。駐車場は8割程度の入り。

渡ら瀬3 渡ら瀬4
入口の両脇には開店祝いの生花が並びます。

渡ら瀬6 渡ら瀬5
メニューを見るとお昼の食事は980円(←少しでも安く見せようとする税別表記がイヤ)からですか。なかなかリーズナブルです。詳しいメニューはぐるなびのサイトへ。

7
和げんの時と同じように、入口には店員さんがいて案内してくれるようです。
今回はオープン当日で混んでそうだったので入りませんでしたが、落ち着いた頃に食べに行ってみたいと思います。

創作和食『渡ら瀬』はここ
埼玉県行田市向町24-3

創作和食 渡ら瀬

2件のコメント

  1. こんにちは。時々お邪魔させていただいてます。

    渡良瀬のオープンですが、6月1日はプレオープン、6月2日がグランドオープンだったようですよ^^

    最近では、プレオープンでも招待客だけではなく一般客が入れる事もあるみたいです。
    通常より値段が安かったり、試食会だったり、営業時間が短かったりで、スタッフの練習とお店の宣伝を兼ねてるらしいです。

    • 情報ありがとうございます。
      なるほど、そういうわけだったのですね。
      前の和げんの時は、結局行かずじまいで閉店になってしまったので、今度は早めに行ってみます。
      変に低価格に走らず、ゆったり落ち着ける大人の店にして欲しいです。…となると経営が難しいのですかね。

コメントを残す

必須欄は * がついています